補助金助成金
hj_title1
hj_nenri

hj_title2
住宅リフォームローン利子補給制度とは
住宅のバリアフリーリフォーム、耐震リフォームをする際にリフォームローンの利子の一部が助成されます。

hj_title3
新築」の場合のエコポイント
「次の(1)または(2)に該当する住宅の新築工事がポイントの発行対象となります。平成23年1月1日以降に建築着工した(1)または(2)に該当する住宅に、太陽熱利用システムを設置した場合も、ポイントの発行対象となります。

(1)省エネ法トップランナー基準相当の住宅
  外壁、窓等の断熱性能に加えて、給湯設備や暖冷房設備等の建築設備の効率性について総合的に評価して得られる一次エネルギー消費量が、省エネ法に基づく「住宅事業建築主の判断の基準(トップランナー基準)」に相当する新築住宅を対象とします。
※ポイントの申請には、上記基準に相当することについて登録住宅性能評価機関等の第三者機関による証明を受ける必要があります。

(2)省エネ基準法(平成11年基準)を満たす木造住宅
  省エネ基準を満たす外壁、窓等を有する木造住宅を対象とします。木造住宅であるかどうかの判断は、確認済証、建設工事届等において、「主たる建築物の構造」が「木造」と記載されているかどうかによるものとします。
※ポイントの申請には、上記基準に適合することについて登録住宅性能評価機関等の第三者機関による証明を受ける必要があります。

「リフォーム」の場合のエコポイント
A.窓の断熱改修
  改修後の窓が、省エネ基準(平成11年基準)に規定する断熱性能に適合するように行う、次のいずれかの断熱改修が対象となります。
ただし、使用する建材は住宅エコポイント事務局に登録されたものが対象となります。

B.外壁、屋根・天井または床の断熱改修
  改修後の外壁、屋根・天井又は床の部位ごとに、一定の量の断熱材(ノンフロンのものに限る)を用いる断熱改修を対象とします。ただし、使用する建材は熱伝導率など断熱性能が確認された断熱材で、住宅エコポイント事務局に登録されたものが対象となります。

C.バリアフリー改修
  「A.窓の断熱改修」や「B.外壁、屋根・天井又は床の断熱改修」と一体的に行うバリアフリー改修を対象とします。※具体的な施工内容は、原則バリアフリー改修促進税制の取扱いに準じます。

D.太陽熱利用システムの設置
  平成23年1月1日以降にポイント対象工事を含む工事全体に着手し、「A. 窓の断熱改修」や「B. 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修」と一体的に行う太陽熱利用システムの設置工事を対象とします。ただし、太陽熱利用システムは、一定の集熱性能等が確認された強制循環型のもの※で、住宅エコポイント事務局に登録されたものが対象となります。

E.節水型トイレ
  平成23年1月1日以降にポイント対象工事を含む工事全体に着手し、「A. 窓の断熱改修」や「B. 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修」と一体的に行う節水型トイレの設置工事を対象とします。ただし、使用する節水型トイレは、一定の洗浄性能等が確認されたもの※で住宅エコポイント事務局に登録されたものが対象となります。

F.高断熱浴槽
  平成23年1月1日以降にポイント対象工事を含む工事全体に着手し、「A. 窓の断熱改修」や「B. 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修」と一体的に行う高断熱浴槽の設置工事を対象とします。ただし、使用する高断熱浴槽は、一定の保温性能等が確認されたもの※で住宅エコポイント事務局に登録されたものが対象となります。

hj_title4
県や各市町で様々な個人住宅向けの融資制度や各種補助金などを実施しています。

住宅用太陽光発電システム等設置支援事業費補助金

対象
県内に居住(補助金の交付申請(県実績報告)時に居住している場合を含む)し、県内の住宅に対象設備を設置する個人の方(設備を設置する住宅の電灯契約者)。(その他条件あり)

補助金額
太陽光発電システム分と高効率給湯器分をあわせて、1件当たり上限12万円


住宅用太陽光発電システム融資制度

対象
お申込みご本人又は同居のご家族の所有であるご自宅(新築・既築)に太陽光発電システムを設置する方( その他条件あり)

融資対象額
設置経費から他の公的補助金額及び公的融資金額を控除した額
融資限度額   200万円

助成金、補助金の詳細はこちらをご覧ください。
http://www.pref.tochigi.lg.jp/h11/town/jyuutaku/jyuutaku/05_sien.html
icon_gohome