断熱

セルローズファイバー

人と環境にやさしいセルローズファイバー

山本工業では、壁や天井に断熱性・防音性・安全性に優れたセルローズファイバーを使用しています。セルローズファイバーは新聞古紙を使用した植物性繊維を加工しているため、アスベストは含まれておらず、住む人にも環境にも優しい断熱材です。吹き込み、吹き付けなどの工法により、様々な構造の建物に隙間のない断熱層を作ります。
セルローズファイバー
施工例
施工例
ビフォア
アフター

セルローズファイバー7つの特徴

1.断熱
セルローズファイバーは天然木質繊維を原料として造られており、繊維の絡み合いによる連続気泡の他に、繊維の中にも多くの動かない空気胞を抱えています。そのため、極めて高い断熱性能を発揮します。
断熱
2.耐火
天然木質繊維セルローズファイバーにホウ酸、ホウ砂等の化学薬品を混入して防燃処理を施すことで、木造住宅に使用しても燃えにくく延焼を防ぎます。また有毒ガスの心配もありません。
耐火
3.結露防止
セルローズファイバーは天然木質繊維の持っている吸放湿性により、表面結露、内部結露を防ぐのに大きな効果があり、建物の寿命を延ばします。
結露防止
4.撥水
水をはじく撥水処理により、水分の排出力が他の繊維系断熱材より高いためノンバリア工法が可能となり、防湿層設置のコストを省き、施工工程を短くすることができます。
撥水
5.防音・吸音
繊維自体の空気胞と、繊維同士の絡み合いによる厚い空気層という二重の層により、他の断熱材と比べ非常に高い防音・吸音性能を発揮します。
防音吸音
6.防虫・防カビ
セルローズファイバーは、ホウ酸系薬品処理を施してあるため、ネズミの巣や害虫のエサにならず、またカビの発生などを防ぎます。
防虫防カビ
7.高い安全性
セルローズファイバーは天然木質繊維であり、ホウ素系薬品などは人体への蓄積や残留がなく安全です。
  • シックハウス対策
  • 改正建築基準法に基づくシックハウス対策において「規制対象外」とされています。
  • ホルムアルデヒド対策
  • 測定1日目から規制対象外数値を大幅に下回り、7日目にはホルムアルデヒドが不検出となりました。
  • アスベスト不使用
  • 塵肺、肺線維症、肺癌などの問題を引き起こすアスベストを一切使用しておりません。
断熱工事の協力会社:王子整袋株式会社

断熱窓

サーモスX

高性能ハイブリッド窓サーモスX

サーモスXは、アルミと樹脂のハイブリッド構造をベースに、断熱性を飛躍的に向上させた次世代の高性能ハイブリッド窓です。ハイブリッド窓ならではの利点に加え、最先端の高断熱技術を結集することで、室内の快適さを守り、住まいの省エネ性を高めます。
サーモスXは株式会社LIXILの製品で、山本工業ではこのサーモスXを使用して工事を行っています。

サーモスXの特徴

1.高い断熱性能
アルミと樹脂のハイブリッド窓でありながら、樹脂窓と同等の断熱性能を実現したサーモスX。
熱貫流率1.03W/(m2・K)という圧倒的な断熱性能により、熱の出入りを防ぎ、一年を通して快適な室内環境を実現します。
断熱
2.カビ・ダニの発生を予防
サーモスXは、優れた断熱効果で外気温の影響を受けにくくし、結露の発生を抑制します。室内気温:20℃・湿度:50%・室外気温:0℃によるメーカー試験で結露は見られませんでした。
カビ・ダニ
3.暖冷房費&CO2を削減
優れた断熱性能で暖房時の熱の流出、冷房時の熱の侵入を抑制し、暖冷房の効率を高めます。 電気の使用量を減らすことで暖冷房費やCO2排出量を大幅に低減します。
  • 気密性能
  • すきま風による冷気、暖気の流入を抑えて、断熱性能をさらに高めます。
  • 水密性能
  • 高い水密性能で室内への雨水の侵入を防ぎます。
  • 遮音性能
  • クルマの騒音など外からの音の侵入や、楽器などの室内から外への音漏れも抑えます。
  • 耐風圧性能
  • 安心の耐風圧性能を実現しました。
  • 断熱性能
  • 熱貫流率1.03W/(m2・K)
ページトップ